マルタCOVID-19ガイド

 

2022年5月9日更新

2022年5月9日以降、マルタへの旅行は下記のいずれかの書類があれば入国可能です。

①日本の新型コロナワクチン接種証明書アプリ(非デジタル予防接種証明書は、VeriFlyアプリによる認証が必要、dPLF入力は不要)

②回復証明書(PCR検査による最初の陽性判定から180日以内)(英文)

③マルタ到着前72時間以内に実施したPCR検査(鼻咽頭検査)の陰性証明書(英文)

※6歳以下の子供は上記の書類が免除されます。

※上記の書類のいずれかを到着時に提示できない場合、10日間の強制隔離が必要です。

※18歳未満の人の場合、予防接種証明書には有効期限がありません。
 

2022年4月22日更新

2022年5月2日(月)以降

・乗客追跡フォーム(Passenger Locator Form)は不要になります

・レッド/ダークレッドリストは引き続き適用されます

・マスク着用は必須ではなくなります(但し、飛行機、病院、介護施設を除く)

・結婚式や社会活動は、パンデミック前と同じ規模で行うことができます

・検疫ルールの見直し

陽性と診断された場合、隔離は基本10日間。(7日目に陰性結果が出れば10日で隔離終了)

検査で陽性になった人と同じ世帯に住んでいる人は、症状が現れない限り隔離の必要はなくなります

2022年4月4日更新

マルタに入国するすべての乗客は、 Digital Passenger Locator Form(dPLF)事前登録する必要があります。

登録完了後に受け取ったQRコードを搭乗前およびマルタ到着時に提示する必要があります。

Digital Passenger Locator Form(dPLF) https://app.euplf.eu/#

2022年4月11日(月)以降、日本からマルタへの旅行者は下記のいずれかの書類があれば入国が可能です。

①ワクチン接種証明書(VeriFlyアプリによる認証が必要)

②マルタ到着前72時間以内に実施したPCR検査(鼻咽頭検査)の陰性証明書(英文)

③回復証明書(PCR検査による最初の陽性判定から180日以内)(英文)

*ワクチン接種証明書で入国 - 予防接種証明書をVeriFlyに事前登録し、入国の際に提示することで入国可能。これは12歳以上のすべての人に適用されます。

  • ご出発前までにアプリ「VeriFLYを通じてワクチン接種証明書の真正性が証明されていること

  • 有効なワクチンとして認められるのは、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ、ジョンソン&ジョンソン

  • ワクチン接種完了後、14日以上経過していること

備考: The VeriFLY app はGoogle Play (https://bit.ly/2WkqfrI) 、 Apple App Store (https://apple.co/3x8K0zn)で入手可能

https://go.daon.com/veriflyappにアクセスして、FAQを確認してください。登録には時間を要するので、早めにDigital Passenger Locator Form(dPLF)VeriFlyの登録をおすすめます。

検疫に関して質問がある方: https://deputyprimeminister.gov.mt/en/health-promotion/covid-19/Pages/quarantine.aspxで提供されている情報を介して保健当局に連絡するか、quarantine.covid19@gov.mtにメールでお問い合わせください。

以下のWebサイトで最新情報をご確認ください
https://www.visitmalta.com/en/covid-19/
https://deputyprimeminister.gov.mt/en/Pages/health.aspx

  • マルタの新型コロナウィルス感染症(COVID-19)情報はこちらからご確認ください

https://www.maltatoday.com.mt/covid19/

  • フライトスケジュール

マルタ国際空港の発着については、こちらからご確認ください

  • TRAVELLING SAFELY

マルタ国際空港は、乗客と従業員の安全な環境を維持するためにさまざまな対策を講じています。詳細はhttps://www.maltairport.com/covid19/

wearmask.jpg

​マルタ入国

tokyo.jpg

​日本帰国