マルタマラソン

マルタマラソン体験レポート
The Runner's Guide to the World

第35回GIGマルタ国際マラソン

開催日 2020年3月1日(日)
スタート時間
  • フルマラソン/42.195km(午前7時30分スタート)
  • ハーフマラソン/21.097km(午前9時15分スタート)
  • Endoウォーカソン/21.097km(午前9時15分スタート)
  • ノルディックウォーク/21.097km(午前9時15分スタート)
注意) Endoウォーカソン(赤ゼッケン)とノルディックウォーク(赤ゼッケン)はハーフマラソン(黄ゼッケン)の選手の後方からのスタートとなります。
制限時間
  • フルマラソン/5時間30分
  • ハーフ/3時間45分
  • Endoウォーカソン、ノルディックウォーク/3時間45分
関門
  • フルマラソン/9時30分までに15km地点、10時15分までに21km地点、11時30分までに32km地点、12時までに35km地点、12時30分までに38km地点を通過
  • ハーフとEndoウォーカソン、ノルディックウォーク/11時15分までに11km地点、11時45分までに14km地点、12時15分までに17km地点、12時30分までに19km地点を通過
※時間内に関門を通過できなかった選手が競技を続けた場合の怪我や事故に関しては、自己責任となります。マラソン協会は一切の責任は負わないものとします
参加資格
  • フルマラソン/18歳以上
  • ハーフ、Endoウォーカソン、ノルディックウォーク/17歳以上
健康で完走できる見込みのあるランナー
参加申し込み 2020年の参加申し込みはスポーツエントリーにて2019年9月2日より受付を開始予定。
参加賞 マルタマラソン参加記念Tシャツ。Tシャツは、各サイズ別に数量が決まっています。そのため、主催者はお申込み先着順にてご希望サイズをご用意致します。お申込みの時期や在庫の関係上、ご希望に添えない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
完走者には記念メダル。(制限時間内にゴールした選手のみ)。
コース案内 古都イムディーナをスタートして標高差200メートルを下った海抜0メートルの美しい港町スリーマのフェリーターミナルにゴールする典型的なダウンヒルコース(片道コース)。コース途中には数世紀に渡り水を運んだかつての水道橋や17世紀に騎士団長によって建てられたボルテ・ドゥ・ドム、ヨーロッパ第3位という大きなドーム教会を持つモスタの町などがあり、歴史と隣あわせに走る魅力的なマラソンコース。
トイレ スタート、11km、22km、27km、37km、41km、ゴール
給水所 (San Michel water stations)5.5km、10km、15.5km、20.5km、26km、30.5km、35.5km、38.5km スポーツドリンク(Powerade stations)11km、27km、38km
(Sponge stations)11km、22km、27km、36.5km、40.5km
ゴール後お水、スポーツドリンク(Powerade)、バナナがご提供されます。
スタート地点行バス
  • フルマラソン/06:00出発
  • ハーフ、Endoウォーカソン、ノルディックウォーク/07:45出発
スリーマフェリー乗り場から共に出発(地図参照)
荷物預かりサービス スタート地点で預かり、ゴール地点で返却するサービス。エントリー会場にてゼッケンと共に荷物預け用の袋が支給されます。大会当日、スタート地点にて指定の袋に不要な荷物を入れた上で係りの者にお預けください。※貴重品は絶対にお預けにならないでください。返却はゴール付近、現地係員にご確認ください。
気象条件 この時期は15-19℃。非常に走りやすい、心地よい湿度を含む最高の時期。
タイム計測 タイム計測用はチップにて正確に計測。オフィシャルには午後13時まで(フルマラソン5時間)だが、例年最終ランナーまで計測してくれます。完走証明書は後日オフィシャルサイトよりダウンロード可能。ゼッケンの裏のテープがタイム計測用チップです。絶対に剝さないでください。
オフィシャルスポンサー GIG
備考 この時期のマルタは天候が不安定です。スタート前は気温も低いと予想されます。雨に備えてウィンドブレーカーなどお持ちになることをおすすめいたします。
   

コースマップ

マルタマラソンの魅力

ヨーロッパの国々がまだ冬真っ盛りの2月最終日曜日、ヨーロッパの中で1番早く開催されるマルタ国際マラソン大会。
この季節、マルタはすでに黄色い花が咲き乱れ、15-19℃という温暖な気温に加え空気も程よい湿度を含んでおり、マラソンを楽しむにはまさにベストな気候。この気候と変化あるコースの風景、国際色豊かな参加者の顔ぶれが魅力でしょう。

2019年 暴風雨の為、大会中止
2018年 完走者 4,309 (1位 モロッコ人 2時間21分06秒)
 
  • フルマラソン 828名
  • ハーフマラソン、Endoウォーカソン、ノルディックウォーク 3,427名
日本人参加者
  • フルマラソン 26名
  • ハーフマラソン、Endoウォーカソン、ノルディックウォーク 39名
2017年 完走者 3,959 (1位 モロッコ人 2時間21分06秒)
 
  • フルマラソン 828名
  • ハーフマラソン、Endoウォーカソン、ノルディックウォーク 3,131名
日本人参加者
  • フルマラソン 21名
  • ハーフマラソン、Endoウォーカソン、ノルディックウォーク 64名
2016年 完走者 3,821 (1位 モロッコ人 2時間18分55秒)
 
  • フルマラソン 657名
  • ハーフマラソン、Endoウォーカソン、ノルディックウォーク 3,164名
日本人参加者
  • フルマラソン 17名
  • ハーフマラソン、Endoウォーカソン、ノルディックウォーク 37名
2015年 完走者 4,093名 (1位 モロッコ人 2時間19分28秒)
 
  • フルマラソン 738名
  • ハーフマラソン 2,486名
  • Endoウォーカソン 869名
日本人参加者
  • フルマラソン 14名
  • ハーフマラソン、Endoウォーカソン 38名

2019年マルタマラソンツアー販売予定の旅行会社

 
 
 
 
 
 

マルタマラソン掲載記事のご案内

ランナーズ
2005年6月号
読者ランナーレポート
ランニングスタイル
2007年 Vol 9.
特集記事
ランニングマガジン・クリール
Courir No.70
2009年6月1日発行
特集記事
コスミック出版「ランニング生活 No 5」
2010年6月19日発行
特集記事
地球の走り方
2011年9月16日発売号
特集記事
ランニングマガジン・クリール
Courir No. 112
2012年4月21日発行
読者ランナーレポート