お食事

一般的にイタリアンレストランが多いほか、シーフードレストラン、マルタ料理店、中華、タイ、アラブ、トルコといったエスニック料理店などさまざまなレストランがあります。レストラン、バー、カフェはだいたい朝9時から深夜1時まで営業。海に囲まれたマルタは何と言っても、獲れたての新鮮な魚介類が豊富。かつ味付けが日本人の口にあう事も特筆すべき点。魚はその日の朝、水揚げされたものがメニューに出されますので季節や収穫状況によってレストランの前のショーウィンドーを飾る魚が違ってきます。お店の人にその日のおすすめの魚はなにか聞くようにしましょう。

ヴァレッタをはじめ、スリーマやセントジュリアンズといった観光客が集まる場所には特にレストランが集中しておりますので、グルメ趣向の方やご予算にこだわった方でも簡単にご希望にあったレストランが見つかるはずです。

マルタの伝統料理といえばウサギ料理。お祭りやお祝いなどの特別な日に皆でワイワイ♪楽しみながら食べるのが正式な食べ方だとか。

マルタに来たら食べておきたい 10 MUST FOOD -10 マスト フード-

地中海の中心に位置するマルタは、海の幸はもちろん、眩しい太陽の下で育ったトマトやオリーブオイルをたっぷり使った絶品グルメが目白押しです!
私たち日本人は、日常の食生活でシーフードを食べることが多いですが、マルタの魚は日本で食べるのとはまた違い、脂がのっていて、肉厚なものが多いです。島の人々にとってパスタ、パン、ピザなど小麦粉を加工した食品が主食となっており、お隣のイタリタとは違った独特のパスタを使ったマルタ料理なども絶品です。また雨量が少なく、決して豊かとは呼べない大地と限られた土地しかない環境のせいか、個性的な料理や食材も多く、材料を聞いてびっくりする料理もあります。マルタに行ったらこれだけは食べておきたいMust Foodをマルタ観光局局員の独断で10品ご紹介します!

©Udo Hausmann うに
Rizza/Sea Urchin
濃厚でクリーミーで一度食べたら忘れられない。それがマルタのウニです。しかも日本では高級品のウニがゴロゴロが入っているパスタがマルタでは他のパスタと変わらないお値段でお召し上がりいただけます。ウニ好きの皆さん、マルタへご旅行の際は'Rizza'(複数形だとRizzi)と'Sea Urchin'という言葉は忘れずにお出かけください。Rizzaはマルタ語で、Sea Urchinは英語でウニという意味です。
ウニはごはんで食べるもの!パスタはちょっと抵抗がある、という方は白米を携えて豪快に地中海産のウニを採りにいってみてはいかがでしょうか。ウニ採りに挑戦される方はナイフ、グローブ、スプーンをご用意いただき、海へ出かけましょう。ナイフで半分に切ると見覚えのあるオレンジ色の身が中に詰まっています。食べる前に中のネバネバを海水でよく洗いましょう。あとは自由にお召し上がりください。言うまでもないですが、ウニ採り際はナイフのお取り扱い、ウニのトゲには十分お気を付けください。
アリオッタ
Aljotta
アリオッタとはマルタのお魚のスープ。地中海でとれたエビ、タコ、ムール貝などを炒めた玉ねぎ、ガーリックと刻んだトマトと合わせて煮込んだスープです。お皿によそってから仕上げにレモンをキュッと絞ってからいただくこのスープは、濃厚な魚のうまみがとても美味しい、シーフード好きの日本人にはたまらない一品です。アリオッタはマルタ料理やシーフードを扱うお店で気楽にお試しいただけます。
パスティッツィ
Pastizzi
小腹がすいた時つい食べてしまうもの、それがパスティッツィです。サクサクのパイ生地にリコッタチーズを包んだものと豆のペーストを包んだものと2種類あります。チーズはコクのある濃厚なものではなく、あっさりしていてパイ生地にとっても合います。お値段は1つ15セント位と気軽に試せるお値段。カフェで注文して座って食べる場合は45セント位になります。パスティッツィはパスティチェリアや屋台などで販売しています。取り扱っているお店が多い分、お店によって味も多少異なります。地元で評判のお店は大体地元の主婦やおじさんで賑わっていますのでマルチーズっぽい人が集まっているお店を見かけたら是非挑戦してみてください。
4 タコ©真嶋和隆 タコ
Octopus
ヨーロッパではその外見からデビル・フィッシュと呼ばれ食べる習慣のない国が多いのですが、マルタをはじめ南欧のいくつかの国はタコを食べる習慣があります。日本のスーパーで生きたままタコが売られているのは見たことがありませんが、マルタでは魚屋さんや市場に行くと、バケツの中で大量のタコがウネウネとうごめいているのを見かけます。生きているタコをどうやってマルタの主婦が調理するのかはわかりませんが、トマトベースのパスタにしても、ガーリックソテーにしても、新鮮な旬の野菜と合わせたサラダにしてもとってもおいしいです。生きたままタコを買うのに抵抗がある方は、缶詰入りのタコもスーパーで買えますのでご安心ください。
5 マルタパン
Hobz & Ftira
はじめてマルタのパンを見た時は、なんだろう?このボコボコした大きなものは、しかも微妙に焦げているし・・・と思ったものですが、一口食べてその素朴なおいしさの虜になりました。パリパリの硬い皮に覆われた中身はしっとりもちもちのマルタのパン'Hobz ホブス'のスタンダードな食べ方は、薄切りにしたパンに野菜とトマトペーストを挟み、オリーブオイルと塩コショウで味付けしたものです。野菜など挟むものがない場合や、朝食の時に食べるときはバターをつけるだけでも絶品です。またオリーブオイルに塩を少し混ぜたのを、パンにつけて食べるだけでも十分おいしいです。素朴な食べ方なのにやみつきになります。
フッティーラとはパンの真中に大きな穴があいているドーナッツ状なパンです。分厚いドーナッツ状のパンを上と下、半分にスライスしてサンドイッチにして食べるのが主流です。ゴゾ島には、広げたパン生地にリコッタチーズやポテトを包んで焼いたものや、トマト、ハム、オニオン、オリーブオイル、ケッパーなどをトッピングしてからチーズとポテトをトッピングが隠れるほどたくさんのせて焼いたピザのようなフッティーラ(左:参考写真)もあります。パンを日本に持って帰って来た場合は、冷凍保存がおすすめです。召し上がる際に、軽く水をかけ、レンジでチンするとマルタで食べたようなパリパリ感ともちもち感がよみがえります。
マルタパンはひとつ数十円と大変お安いのですが、大きさはドッチボール位ありますので、持って帰ってくる場合いはスーツケースの空き具合と良くご相談ください。また持って帰ってくるのを前提の場合は、大きめのジップロックなどを持参することをおすすめします。ちなみにこのマルタパンと良く合うトマトペーストは、チューブ状のものがスーパーで同じく数十円で売っておりますので、パンを買うときは是非ご一緒にお試しください。
6 ©Caffe Cordina ヌガー
Nougat
マルタでは日本人の感覚をはるかに超えるたくさんの種類のヌガーが売られています。夏に行われているお祭りフェスタではヌガーの屋台が並びます。種類が豊富でどれにしようか目移りしてしまうマルタのヌガーはナッツや蜂蜜をふんだんに使った甘くてふっくら柔らかいのが特徴です。マルタの老舗カフェ・コルディーナのヌガーは小さく切り分けていろいろな味のチョコレートで上品にコーティングしたものを1つずつ包んでいるので、お土産として配り易いのでおすすめです。カフェ・コルディーナはヴァレッタのリパブリックストリート沿いにある、開放的なオープンスペースが自慢のカフェです。こちらでは他にもマルタの伝統的なお菓子がお買い求めいただけます。
7 ガレッティ
Galletti
嘘か本当かわかりませんが、マルタ人いわくマルタで一番古くから親しまれている伝統的な食べ物だそうです。お食事の前菜でディップと合わせて出てくることが多いのですが、一言で言うと見た目は巨大なボタン...食べてみると硬くてパリッパリのクラッカーです。パリパリ感はお煎餅に近いかもしれません。
食後にホテルでマルタワインを楽しみたい、なんて時には是非ガレッティとゴゾチーズを用意してお楽しみください。
8 サボテンの実
Tal-Bajtar
マルタ人にとってサボテンの実は馴染みのある食べ物で、八百屋やスーパーで普通に売っています。ジャムやリキュールとしても加工されていて、地元の人に親しまれています。種が多いのが難点ですが、みずみずしくて美味しいです。一見棘が取り除かれているように見えますが、透明の棘が表面に無数に残っていますので、手袋をして皮をむいて食べます。
たまに観光客相手にサボテンを売っている人を見かけます。その場で皮をむいてくれるので、興味がある方は是非挑戦してみてください。
9 ツイスティーズ
Twistees
ツイスティーズはマルタ生まれのスナック菓子です。初めて食べた時、スナック菓子なのになんで脂っこくないのだろう?と思いましたが、原材料と製造方法をみて納得しました。なんと材料はお米。そして油で揚げずに焼いてつくられているスナックなのです。昔からあるチーズ味の他にも、最近はベーコン味やバーベキュー味なども発売されています。大きさはポケットサイズ50gのものが主流です。ダイエット中にスナックが食べたいけど、マルタのお菓子はどれもパッケージが大きくて食べ過ぎてしまう...なんて方にもおすすめです。しっかり味がついているので小さいサイズで十分満足できます。
10 デーツパイ
Imqaret
デーツパイはナツメヤシの実を潰してペースト状にしたものを、パイ生地に四角く包んで揚げたものです。専門店もある程、大変人気のあるお菓子で、揚げたてのアツアツな状態のものを是非食べたい一品です。ヴァレッタのバスターミナルでバスを待っているマルチーズがぱくついているのは大抵このデーツパイかパスティッツィ。1つ数十円で食べられるので小腹がすいた時には、是非お試しあれ!
番外編 エスカルゴ Bebbux 英語でスネイル、日本語でカタツムリ、そう雨の日におなじみのでんでん虫です。マルタのエスカルゴはフランスのように高級食材として一つ一つ丁寧に調理した物でなく、豪快に調理され、レストランで注文すると大量に盛り付けられたエスカルゴがドンと出てきます。フランス料理のようなものを皆さん想像しているためか、まずその量に驚きます。日本で見かけるエスカルゴは殻にソース等が詰め込まれていて一見中身が見えませんが、マルタのエスカルゴは中身が隠れていないため、エスカルゴが好きな方も一瞬あれっ?なんか(カタツムリと)目があったかも・・・と思うかもしれませんが、食べ始めれば止まらなくなります。ガーリックで味付けされたエスカルゴを是非お試しください!

典型的なマルタ料理一例

Rabbit(ラビット) ウサギ料理。赤ワインとハーブで煮込んだシチューが一般的。
Bragjoli(ブラジオリ) みじん切りにした玉ねぎ、ソーセージ、にんにく、トマトなどをまとめて薄い牛肉などでくるみ、軽く焼き、煮込んだもの。
Timpana(ティンパーナ) マカロニ・パイ
Lampuki(ランプーキ) シイラ科の魚。旧通貨マルタリラの硬貨にこの魚の絵柄が使われるほどマルタでは有名なお魚。
Swordfish(ソードフィッシュ) メカジキ。トマト、オリーブ、ケイパーと合わせて食べるのが主流。
Tuna(ツナ) マグロ。トマト、オリーブ、ケイパーと合わせて食べるのが主流。
Aljiotta(アリオッタ) フィッシュスープ。
Maltese Sausage
(マルチーズソーセージ)
マルタのソーセージ。若干塩っ辛く、パスタやピザなどに利用され、薄味のマルタ料理にピリッとスパイスを利かせる重要な役割を占めている。

マルタ産ビール 'CISK(チスク)'

マルタにはCISK(チスク)という地ビールがあります。
1900年初頭、マルタで銀行を設立したGuiseppe Sciculunaはその頃、現金の代わりに積極的に小切手(Cheque)を使っていた。そこで小切手になじみのなかったマルタ人は彼を「Ic-Cisk」(The Cheque)と呼び始め,徐々にチスクという言い方になった。その後、彼はビールの製造を始め、ビールの名前をなんと付けるか悩んだ末、町の人たちが彼を「チスク」と呼んでいたので、ビールに「チスク」と名付けたと言われています。ちなみにマルタ語でチスクはチェコを意味しますが、チェコとは一切関係ないそうです。

マルタのワイン

マルタは知る人ぞ知るワインの名産地です。
マルタ産ワインを作っているワイナリーが島内に数か所あり、ワイナリーではカナッペと一緒にワインテイスティングをお楽しみいただくことができます。

マルタのリキュール

せっかく遠くマルタまで足を運んだからには是非ともマルタの食事を堪能したい、という方にお勧めなのがマルタの伝統的なリキュール、Bajtra (バイトラ) です。ピンク色をしたリキュールの正体は、なんとサボテン。原材料となっているサボテンは、水分が多くて甘く、マルタでは果物として食べられている食用サボテンです。バイトラはそのまま飲むとかなり甘いです。すっきりした味わいを好まれる方は、炭酸水で割って飲むことをお勧めします。大きさも大小さまざまなサイズがありますので、日本では手に入らないマルタならではのお土産を買って帰りたいという方は是非!マルタの空港内免税店でも購入可能です。サボテンの他にもハチミツ、ザクロのリキュールもあります。